袖触れ合うも多生の縁

e0254184_12333612.jpg













関東で他人丼といえば豚肉で作るそうですが、関西で他人丼いうたら牛肉を玉子でとじた丼ですよね。何しろあそこは牛肉を愛でる土地柄だからトンカツよりもビフカツのほうが市民権を得たりしている。私も、どちらかと言えば牛肉で作った「他人丼」が好きだな。山椒をどっさりかけて、唇がひりひりするくらいがちょうど良い気がします。







e0254184_12373942.jpg


たまごが大好きなあなたはここからどうぞ






書店で絶賛発売中の別冊dancyu「料理男子」。今号はたまご特集でしたね。半熟好きにはたまりません。この中で料理研究家の土井善晴さんが親子丼について


《親子丼は、具の旨味が出た煮汁を卵でとじ、ごはんにのせて、煮汁ごと味わう料理。つまり、煮汁のおいしさが、うまさの決め手となる》(「料理男子」vol.4 P.29)



とおっしゃっていましたが、まったくその通り。出汁を効かせて、ただ甘いだけでもなく、かといってしょっぱいわけでもない、甘辛くてごはんに合う煮汁は、親子丼だけじゃなくてどんな和の丼にも共通しますね。本の中で土井さんが「丼だれ」なる万能煮汁のレシピを紹介していますので、ぜひご参考になさってください。




私の家では砂糖は使わず、もう少しシンプルに出汁:本みりん:醤油=7:5:3の比率で合わせたものを使っています。
by ANB27281 | 2012-03-24 12:47 | ブログ

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです