手打うどん たかのり

e0254184_16393083.jpg



「身近すぎてその”凄さ”がわからくなっている店」というのがあるとすれば、米子市勝田町にある手打うどん たかのりはその筆頭のようなうどん店です。





鳥取県西部ですと、例えば「うどんの醍醐」という名店があってここの手打ちうどんは絶品である。日本海が一望できる座敷席も有名ですし、非常に濃厚なうどん出汁も間違いの無い味、サイドメニューも充実していて休日のランチタイムなど行列覚悟で出かけなくてはなりません。




対して勝田神社のある通り沿いに店を構える「たかのり」は、大変清潔ですが《町のうどん屋》を絵に描いた様な店で、近所に公立の高校があるからなのか料金も驚くほど安く、要するに一言で記すと敷居が低い。いなりずし1コ50円だで。オレが威張っても知らんけど。






しかし、敷居が低いといってあなどってはいけない。それどころか、ここの手打ちうどんは米子にある関西系のうどん店の中で最も美味しい。







e0254184_16395556.jpg
「うどんの命はコシ」という方がいて、実際茹ですぎの延びきったうどんなどは論外なのですが、すくなくとも関西のうどんの命は”喉ごし”であります。小麦の香りを楽しみ喉元をツルツルっと通り抜けるのが美味いうどんの条件であり、さほどコシの強さは問わない。実際大阪や京都のいわゆる”名店”に入ると茹でうどん(すでに1度茹でてある)が使われているという話は珍しくないし、妙にコシが強かったりすると”固いだけ”と敬遠されかねない。







それと、これは以前別のブログで書いたことがあるかもしれないけれど、関西ではうどんを”吸物の延長”ととらえる伝統-もっとの当の関西人でそれを意識していない方も多い-が多く、麺そのものよりうどん出汁(つゆ)に力が注がれるのも特徴と言えるだろう。関西和食文化は、出汁に始まり出汁に終わる。いや、終わらんでもいいけど。





その意味で、「たかのり」のうどんは非常に《関西的》だ。たっぷりの出汁をくどくないみりんと薄口醤油で淡い色に仕上げたつゆが後を引く美味さ。先述したとおりうどんは”汁物”ととらえていいので、いなりずし(くどいけど1コ50円)か、男子なら親子丼も頼んでうどんは飲み物とするのが良い。炭水化物のダブルパンチである。





年老いた老夫婦(だと思う)と、平成の時代に驚きの無愛想な若奥さん(さほど若くは無い)が淡々と仕事をこなしているが、天ぷら類を始めトッピングや材料が整然と並べられ狭いながらも厨房が綺麗なのも見ていて清々しい。詳しい事情は知らないけれど、こういう1つ1つが味に出るのだろう。






「あー、勝田さんに正月初詣に行く時看板見たことあるけどそこ美味しいの?」とか「学生時代部活の帰りにおやつ代わりに食べたけどどんな味だったっけ?」という方もいるだろう。実際じげ風呂(鳥取県西部の話題に特化したブログポータルサイト)でもさほど話題に上がったことがない。





が、ここのうどんは絶対に美味い。初めて私のブログを読んだ方に挨拶代わりに説明しておくけれど、オレが美味いと書く店は本当に美味い店なんです。






わかりましたか?










*ブログ初めて書いてみました(照)
by ANB27281 | 2011-10-19 14:29 | 地元のお店紹介

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです