3分間育児!?

e0254184_14135950.jpg





「忙しい」からこそできる育児!ビジネスマンのための育児本の決定版はこちらから。








「イクメン」が、ブームになって久しくたちました。子育てに積極的に関わる男性を指すこのこの言葉も、いろいろなメディアで取り上げられたり問題が提起されることで、ずいぶん市民権を得てきたのではないでしょうか。





私自身、8年前に長男を授かったときから、ブログで子育ての悩みや感じた疑問点を発信してきたからか、子育てに関する講演会などに何度か呼んでいただいた経験があります。そこで感じるのは、私より一回り下の世代、具体的には20代のカップルとお話をすると、男性が肩肘はらずに、ずいぶんスムーズに子育てに取り組んでいらっしゃるなあということです。





子育てに男性が積極的に取り組み、例えば会社の有給休暇まで利用して我が子に時間を割くのは意義があることだと思っています。しかし「男は家庭より仕事!」といった意識も根強いですし、現実問題としてある程度経済的に恵まれていなければ、どちらかが家庭を顧みずともたくさん稼がなければならないという、「現実」はあるでしょう。いくら可愛いと思っていても、メシが食えなければどうしようもありません。




男性の多くも、我が子は可愛いに決まっているのです。だけど、仕事のことを考えると世間で声高にさけばれているような「イクメン」にはなれないーそんな風に悩んでいるパパさんが、結構いる。本書は、そんな忙しいビジネスマンにむけて「たった3分の育児」を提唱しています。




《よくある話が、「だから仕事の時間を効率化して、24時間のうち少しでも多くの時間を家族時間にあてよう」というロジックです。
でも、ちょっと待ってください!なんでまたそこで意識を仕事に向けちゃうんでしょう?それこそが仕事優先の潜在意識の表れではないでしょうか。
もっといえば、その発想、会社にとって都合がいいことばかりだと思います。
(中略)
便利なものができると、「これで仕事を効率化しよう!」ということになりがちです。便利なものを優先的に仕事に投資するクセが、広く世の中にはあるようです。なぜそんな便利なものを、まず直接、家庭時間に使わないのでしょう?》
(「忙しいビジネスマンのための3分間育児」おおたとしまさ著 ディスカバー新書P.38)





著者はこの中で、夫婦が2人で仕事や家事といった時間の絶対量を追い込んでしまうと、“限界への挑戦”のような「サバイバル育児」になってしまうと指摘しています。無理をせず、持続可能な「サスティナブル育児」を目指そう、と。




「3分間育児」の具体例は、実際の本を読んでみてください。すでに実践している方にとっては当たり前のことでも、案外「ああ!それ気がつかなかった」というものが見つかると思います。なるほど、と思えば、明日からーいや、今日からさっそく取り入れればいい。何しろ3分ですからね。




著者はどの程度意識をされて書かれたのかはわかりませんが、個人的には最後まで読んで、夫婦間の心の風通しを良くする方法を考える本だなと感じました。仕事の合間に一生懸命子育てに参加しても、妻に喜んでもらえない、ヘタをすると「邪魔」と言われるパパ。逆に、さほど無理をせず極端な話1日3分程度しか関わらなくても、子供を通じて妻との絆を深めるパパ。お互いの立場や人格を無理なく思いやり、まずは3分から、少しずつ子育てを夫婦で共有できるようになったらいいなと、そんな事を思っています。
by ANB27281 | 2013-05-30 14:15 | レビュー

凜くんの運動会

e0254184_1643512.jpg












長男の運動会を応援しに行ってきました。ビデオカメラも持って行きましたが、やっぱりしっかりと目に焼き付けて、「がんばれー」って大声出したり、手を振ったりするのが僕は好きだな。京ちゃん、お兄ちゃんががんばる姿をしっかりと見ておくのだよ。











e0254184_16433427.jpg









応援席と凜太朗が座っている場所が近くだったのですが、なるべく話しかけずに昼休憩にゆっくりと演技を振り返ります。個人的には、演歌の「兄妹船」が流れる中繰り広げられる、綱引き競技がシュールで良かった。









e0254184_16435553.jpg








智香子はお転婆。














e0254184_16441418.jpg









女房が早起きして作ったお弁当。すいません。写真を撮影しようとしたときにはすでに食べられていました・・・。










e0254184_16443784.jpg








土曜日なのでサービス(?)。1年生のときより、びっくりするくらい成長していたね。参観日ではなかなか見られない勇姿が分かってお父さん嬉しかったよ。みんなお疲れさま。ありがとう。
by ANB27281 | 2013-05-25 16:44 | 恐るべき子供たち

ホテル サンルートにて

e0254184_1255972.jpg
















カミさんとお義母さんと3人で昼食をとってきました。義母さんもいる手前意地でも私のおごりです。









もっとも、昨日の株価の暴落を受け、今日は絶対反対に株価が上がると思いましたので、久々にデイトレードで小遣いをゲットしたのですね。利益を地元に還元しました。威張るほど儲けてませんが(笑)。





株価といえば、昨日は本当にびっくりするくらい下がって、今朝の新聞でも「ミニバブル崩壊か」とか、すぐに人を恫喝するような報道がされますよね。いい加減にしてください。鬼の首をとったように「株の売買で儲けようと思うのは悪い人がやること」という、小学生みたいな主張をする人がちらほら出てくると思いますが、経済を健全に回そうと投資をやっている人は鼻で笑うしかない話ですね。









e0254184_12553316.jpg








なんか、女房とランチをとったりするとすぐに「ラブラブですね」とか言ってくる人がいますが、今イチぴんときません。昼飯食ったら欲情とかするのかな?家で仕事をしているので、お互い時間が合えば一緒に食うだけの話なのですよ。子育ての話でお互いの意見を確認しあうので、まるでパワーランチみたいな真剣な話ばっかりです。今度は好きな女と、しっぽり愛を語り合いに来たいと思いました。






最後になりましたが、サンルートのレストランは和食もフレンチも美味しいね。今さらながらお勧めです。






おしまい。
by ANB27281 | 2013-05-24 12:56 | 地元のお店紹介

公園へ

e0254184_16717.jpg












下の子2人が幼稚園から帰ってきたら、最近近くの公園まで散歩をするのが日課になりました。気候が良いので散歩の意味と、幼児たちが普段考えていることをおしゃべりする意味で。









e0254184_1672048.jpg








あまり遊ぶ子供もいませんので、ブランコも乗り放題です。










e0254184_1673813.jpg









智香子はちょっぴりコワいね。








e0254184_1675447.jpg








目を離すとすかさずフィールドワークを始める京史朗。ゴミ虫を発見してご満悦です。










e0254184_168997.jpg









さて。今日もスバル代行でお父さんは朝までお仕事です。この笑顔みたらがんばれるね。










e0254184_1682776.jpg









おまけ。今日の米子市米原地区。水面もきれいで、思わず飛び込んで泳ぎたくなりました。泳がんけど。
by ANB27281 | 2013-05-23 16:08 | 恐るべき子供たち

うどんの薬味は?

e0254184_12565229.jpg



















今、米子で最も美味いうどん屋さんと言えば「京武うどん」です。





やっぱ人気は「鳥天うどん」ですかね。圧倒的なボリューム。ボリュームは圧倒的ですが、出汁良し、麺のコシ良し、喉ごし良しでおいしいです。お勧めします。(ちなみに単品で鳥の天ぷらを頼んで醤油をかけて食うのも好き)







e0254184_12584697.jpg







うどんの薬味といえば、やはり「しょうが」ですよね?出汁に溶いて飲むと最高です。











e0254184_1259658.jpg









最高ついでに、冷たい「醤油うどん」というのも勢いで食べてみました。飲んだ勢いです。







e0254184_12592191.jpg







今度はわさびで。テーブルに置いてある醤油をサッとかけてすすると、小麦の良い香りと温かいうどんでは楽しみにくい喉ごしが実感できてこれまた最高。







同世代だからという理由もあるかもしれませんが、若いご夫婦がアットホームなお店作りをされていてイチイチ共感しちゃいますね。米子には古くからある美味しいうどん屋さんがいくつかありますが、良い意味で若い力を注ぎ入れて活性化してもらいたいと思います。ごちそうさまでした。
by ANB27281 | 2013-05-23 12:58 | 地元のお店紹介

レタス。

家のウッドデッキで、女房が家庭菜園をはじめました。






初心者なので特に手の込んだものを栽培するわけではありません。キュウリとかナスとか。今年は葉野菜のレタスなどにも挑戦するそうです。




種まきは子供たちといっしょに天気の良い休みの日に行います。「そうだ、なんの種をまいたかわかるように札に書いておこう」とは長男凜太朗の発案。良いアイディアだと思います。






















e0254184_10163430.jpg








レータス。









・・・惜しい。









おしまい。
by ANB27281 | 2013-05-23 10:17 | 恐るべき子供たち

VERY6月号

e0254184_17352039.jpg












「モテ」を卒業した私たちにも「可愛い」は武器になる!初夏のオシャレもVERYから!










《自分の正しさを証明するために、自分が選ばなかった道を選んだ人を否定したくなることがあります。「働く私が正しい。専業主婦は愚かだ」とか「家にいる私が正しい。働く母親はわがままだ」なんて。互いに自分が正しいと言い張り、相手を蔑む。
 ああけど、それって不毛!ただ違うってだけなのに。違う選択をした人のせいで、自分が貶められるわけじゃないし、不幸になるわけでもない。相手が目障りだという理由は、きっと他にあるのです。
(中略)
その背景の一つには、経済的に逼迫している上に雇用の機会に恵まれない女性の現状があります。働きたくても働けない母親、家にいたくてもいられない母親、それぞれが必死に自分の状況を肯定するために、罵倒し合っている。どっちがちゃんと子育てしているかっていう話になりがちだけど、本音は、どっちがたくさん我慢しているかっていう比べっこです。我慢している方が偉い。私の苦労は正しい苦労だと。だけど、子どもは正しいお母さんを求めているのかな。人から見て正しい幸せを手にしたいのかな。ただ、抱きしめて欲しいんじゃないだろうか。あなたが大好きだよ、あなたと一緒にいられて嬉しいって。そうやって抱きしめるお母さんは、みんな頑張っている。どんな立場でも、子どもを育てることは大変で、そして幸せなことだって、一緒に言えないだろうか。選んだ道が違ったって、子どもにとってたった一人の母親であることは同じ。それは等しく、尊いことだと思う。》
(「VERY」6月号 小島慶子「もしかしてVERY失格!?)








今月のVERYに掲載された極上のエッセー。もう、小島慶子さんのエッセー読むだけにでも毎月VERY読んで良いと思います。






話は変わりますが、このエッセーに限っていえば「母親」と「子ども」の言葉を、「男」と「女」に変えても成立しますよね。恋愛に、「正しい」という言葉は似合いません。このあたりはまた時間を見つけて恋愛ブログで書いてみたいと思います。







e0254184_17361652.jpg







またまた話は変わりますが、今月のVERYの特集“ママになって、「もう一度就活!」服」のコーナーにお洒落なカフェ(?)が出ているなと思っていたら










代官山のgreeniche&lab.LABARだがん(笑)。






ぜひ読んでみてください。
by ANB27281 | 2013-05-21 17:37 | レビュー

e0254184_10444733.jpg















《いま、アンアンのHPを見ると「ホンネのネ」という小さいロゴが入っている。クリックすると「彼女になったら、のびるタイプです私」「2人でいると節電できるね」「年下の恋人をつくろう」といったコピーが浮かびあがってくる。とはいえ、私にはもはやアンアンという女の顔がよく見えない。アンアンの本音が、どこにあるのかよくわからない。というか、ホンネのネって何だ。今のアンアンは、時代の先端を率先して進むような華やかさはない。女の仕事や女のセックスや女の生き方を提案する熱さはない。セックス特集では、過激な保守路線に走ったかと思えば、最近は毎号のように韓流アイドルの肉体美を見せている。近年のアンアンで目立ってヒットしたのは、「断捨離」特集だろう。断る力、捨てる力、離れる力、三つの力で人生をシンプルに生きようという提案は、以前ならば「シンプルがオシャレだから断捨離しよう!」というノリだったはずなのだが、断捨離、というどこか仏の香がするイメージと同様、生きるのが苦しそうな人たちを優しく導くような修行のような提案だった。まるで、断れない捨てられない離れられないことが現代の病のようである。だからだろう、断捨離も楽しい提案というよりは、よりよい人生を真面目に歩むための自己啓発にみえてしまうのだ。40代になっても自己啓発に依存し、どんどん物を捨てまくり、誘いを断りまくり、がらんとした部屋に住む女なんて、ちょっと哀しいじゃないか。友だちになんかなりたくないじゃないか。アンアンがどんな女になったのか、40歳のアンアンがどんな女なのか、私にはよくわからなくなっている》
(「アンアンのセックスできれいになれた?」P.195〜196 北原みのり著 朝日新聞社)




日本女性のセックス観はどう変遷してきたのか?「アンアンのセックスできれいになれた?」はこちらから。



古い読者の方にはご存知の人もいるかもしれませんが、私は雑誌「an・an」のセックス特集を、過去7年間ブログで毎年のようにで批判してきました。それは、もちろん女はセックスを語るんじゃないという意味では全然無かったし、また反対に女性はもっと性に貪欲であるべしという、リベラル(?)な気持ちとも必ずしもいっしょではありません。そうではなく、この我が国でもっとも歴史がある「女のセックスを語るメディア」が、何か急に音を立てておかしくなってしまっているのではないかという、拙いながらも“予感”があったからだと思います。




著者の北原みのりさんは私の4歳年上の女性。女として、40年間の「an・an」を丁寧に解説しながら、89年の「セックスで、きれいになる」特集をピークに「an・an」がどのような路線変更をしてきたのかを知るのは、ミステリー小説を読むスリルさえ感じました。自らを「バイブ屋」と語る北原さんは、“怒りの人”。女を、それ以上に男を。今の「an・an」にも、「an・an」に登場する文化人やAV女優にもとても怒っている。それはとりもなおさず、「女の性」を解放したいという、彼女の情熱の表れなのではないでしょうか。




個人的には、私の周りの女性は多少の例外を除いて、もっと大らかに、たおやかにセックスを楽しんでいると思っているので、正直「何もここまで?」という違和感も無いではありませんが、それは私が鈍感な男性だからなのかもしれません。女性のためのアダルトグッズショップの代表が、「an・an」のセックス特集を通して語った内容は、愛のないセックスの容認や気持ちの良いマスターベーションの解説だとかセックスのテクニック指南といった現場と通り越し、日本の戦後から現在までの「女の文明論」でさえある。そんな感想を持ちました。
by ANB27281 | 2013-05-21 10:44 | レビュー

ハマボウフウ

e0254184_6484146.jpg









和田に暮らす母から、ハマボウフウがどっさり届きました。昨夜は久しぶりにビールで晩酌。自分で海まで行って採ってこようとまでは思いませんが、実家から届くと嬉しいものです。なかなか大人になりきれません。ただ、ゴミ袋まるまる1袋分も届くのはどうかと思う。











e0254184_649789.jpg








昨夜、Facebookでハマボウフウのことを少し書いたら「それは何ですか?」というコメントをいくつかいただきました。海の無い地方はもとより、北陸では絶滅危惧種になっていると聞いたこともありますし、珍しいのかもしれません。



ハマボウフウ・・・簡単にいうと、砂浜に自生している草です(笑)。たまに好きな人は家庭菜園で育てているそうが、私は出会ったことがありません。春のこの時期、新芽を摘んで食べると独特の苦みがあって美味いのですよ。料理屋などで、刺身のあしらい(ツマ)としてワサビの横などにチョンと添えてあったりもしますので、「ああ、あれか」という御仁もいらっしゃるでしょう。都会で買おうと思うと結構髙いらしい。



山陰ではタダの草として手に入ります(笑)。





じげ風呂は原則山陰のローカルブログポータルなわけですが、みなさんはどうやって食べるのがお好きですか?軽くボイルしておひたし。実家ではごま和えにしたり酢味噌で食べるのが普通です。




上にも記しましたが、若い人でわざわざナダ(=砂浜)に行ってハマボウフウを摘む人というのは少ないのかな。個人的には、母を思い出す春の香りです。
by ANB27281 | 2013-05-21 06:48 | ブログ

e0254184_1420283.jpg











e0254184_14202193.jpg










ご報告が遅くなりましたが、午前中に大阪から米子へ無事帰ってきました。


Facebookではスーツを着たまま薪割りポーズを決めたり(笑)、トークライブ後の心境を素直な気持ちで投稿しつつみなさんへご報告したわけですが、もし時間が許せば、改めてブログでも昨日の講座の様子をお伝えしたいと思います。




それにつけても、大阪に2日も留守にするとLINEアプリを通じて妻からちょいちょい娘の画像が送られてきます。「都会の女はいいから、早くこっちへ帰ってきなさい」と暗に命じられているようでたまりませんね(苦笑)。





負けずにがんばりたいと思います。←何を?(笑)










つづく。
by ANB27281 | 2013-05-19 14:20 | 恐るべき子供たち

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです