上手な愛し方

e0254184_1634283.png







愛を取り戻せ!「上手な愛し方」をすべての男女へ







ちょっと、書店で手にとってレジに持って行くのが恥ずかしいタイトルの本です。



それはさておき、近年SNSなどのメディアを通じて、たくさんの友人がパートナーとどんな交際をしているのか家に居ながらにして分かるようになってきました。大して聞きたくもないのに、プライベートな投稿をガンガン勝手にやる人人がいるからです(笑)。そこで驚きをもって気がつくのは、ラブラブ(死語)とまでもいかなくても、上手くやっている男女とそうでない男女との乖離です。



もちろん、プライベートとはいえある程度の「盛り」はあるでしょう。一般素人だからとて、文章を書いて公にするというのは、大なり小なり「盛り」という名の整理整頓が必要だからです。でも、パートナーと上手くいっていない人だって、「さすがにこれ以上は書けない」という意識が働いているはずですから、やはり、上手に恋人や家族と付き合っている人と、いつも相手の事で悩んだり、恋人ができない人との間には、ぞっとするほどの乖離があるのではないか。





要するに、愛し方が下手なのですよね、上手くいかない人は。ここ、いきなり要しちゃダメですか?




本書は、とても容易な言葉の数々を使い、人生の様々なステージで相手を「上手に愛する」エッセーが収録されています。当然、夫婦だとか恋人同士といった、特定の異性を想定したものがターゲットですが、もっと大きな視野に立って、かけがえのない友人や仕事でのパートナーへの愛し方も含まれる。読んでいて、そんな事を考えたりも個人的にはしました。




よく知られているように、西洋(キリスト教)から【Love】という概念が輸入された時、私達の先祖は訳し方に困ったと言います。今では「愛」という漢語にネガティブな匂いは感じられなくなってしまいましたが、昔は必ずしもそうではありませんでした。男女間での「愛情」も、「色」など他の字が当てられる場合が多かったのであり、例えば親が子を「愛する」という感情も、「慈」といった概念が使われていたわけです。



苦肉の策として、【Love】は“お大切”と訳されたと聞いたことがあります。




ちょっと笑ってしまうような話かもしれませんが、しかし私は、現代日本で、もっと「お大切」くらいのおおらかな気持ちで、【Love】という概念を取り込んでみてはどうなんだろうという、ある種の仮説を持っています。言い換えれば、相手を普通に大切だと思う気持ちを、「愛している」という言葉で表してもいいのではないか。



今日のブログは、要してばかりで申し訳ありませんが、一言で敢えて要約するのなら、現代という時代は「相手を大切に思う」ことに対して、不器用な人が増えている時代だと思っています。愛が足りないのかもしれません。




分かっているようで分かってない、実践しているようで実践できていない、目からウロコの言葉がたくさん出てきます。さまざまな年代の、男女それぞれに読んでもらいたいと思いました。恥ずかしくてもレジに持って行ってください。
by ANB27281 | 2012-10-28 17:12 | レビュー

チャレンジ1ねんせい

e0254184_16395195.jpg











《 どう やって みを まもるのかな


これは、やまあらしです。
やまあらしの
せなかには、
ながくて かたい
とげが あります。

どのように して
みを まもるのでしょう。

やまあらしは、とげを たてて、
みを まもります。
てきが きたら、うしろむきに
なって、とげを たてます。》
(東京書籍 教科書一上 59・60ページより「どう やって みを まもるのかな」絵:藪内正幸)







問題:


(1)うえの ぶんしょうには、なんと いう どうぶつの ことが かいて あるでしょう。(20てん)




































e0254184_16442191.jpg














あるまじろ





1ミリも合ってない(>_<)











おしまい。
by ANB27281 | 2012-10-19 16:45 | 恐るべき子供たち

2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」












e0254184_6111893.jpg


今回、作家川北義則さんのエッセー『大人の「男と女」のつきあい方』を参考にさせてもらいました





2012年10月11日号では、「サスティナブル(持続可能性)としての恋愛論」その他をお届けしました。Facebookその他で最近多く投稿していますが、私は結婚したからといって恋愛感情の高まりに終止符を打つべきではないと思っています。それは、配偶者に対してでも良いですし、そうでない相手だとしても何ら恥じる事は無いと確信しています。







《逆説的な話ですが、若いときより結婚した後の恋愛のほうが、ある意味純粋で繊細なのではないかと思ってきました。川北さんのお言葉を借りれば、大人である私たちは「いいお金といい知恵」というのを、普通持っています。ここで言う「いいお金」とは、何も金持ちとかという話ではなく、お金の値打ちが分かっているという事ですし、「いい知恵」というのは、相手の仕事や家庭を傷つけず、2人の感情を高め合う手法だとご理解ください。

よく、ヒマな主婦なんかが観るワイドショーや、三流ドラマなどで浮気相手の女が「奥さんと別れるって言ったでしょう!キーッ!」みたいなのがあるでしょう。最悪です(笑)。全然相手のこと考えてないよね。もっとも、軽々しくできない事を言ってしまう男も、等しく最悪ですが。

何も結婚してからの恋に限りません。若い人はどうしても自分のことばかり気になるものですし、「私が私が・・・」という気持ちが優先しちゃうのも分かります。若いというのはそういうものなのです。そこをグッと我慢して、相手の笑顔を引き出すにはどうしたら良いか考えるところに、男でも女でも恋愛の醍醐味(の1つ)がある気がします。

やっぱりね、恋をしている人間は男でも女でもキレイですよ。見たらすぐ分かる。そして、人は誰でも広い意味でキレイでなくてはいけません。》
(有料メールマガジン「月刊スバル代行」2012年10月11日号より)






みなさんからの感想をお待ちしています。




購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-10-12 06:17 | 有料メルマガ

悪知恵という名の福音

e0254184_5321073.jpg



仕事ができない部下はネジだと思えば腹も立たない?「生きる悪知恵」を身につけよう!






西原理恵子さんの魅力が、悩める男女を今回も救ってくれました。



苦労をたくさんすれば良いというものでは無いと思いますが、苦労を通じて「優しさ」を身につけた人。また、その優しさで世界を見る事ができる人は、やはり強いし、圧倒的な魅力がある。西原さんの作品のどれにも通じるものは、そんな優しさだと思ってきました。




「悪知恵」だとか「正しくない」とか書いてありますが、薄っぺらい正義だとか正論など吹っ飛んでしまう、人生のリアルな格言に満ちています。回答の最後に結論を一言でまとめたものが書かれているのですが、座右の銘でトレイに書いておきたいほどです。トイレかよっ。





《働く嫁ほどこの世でありがたいものはなし。》
*失業後派遣だった妻が正社員となり「主夫」になるのに抵抗がある男性への回答




《そのうち死ぬから、放っておけ》
*義母から「早く子供を」とのプレッシャーを受ける女性への回答




《空気読めなくても許される人間になれ》
*「空気が読めないヤツだ」と人から言われる男性への回答






家族や仕事、はたまた「男と女」といった問題が、かつてと比べて窮屈に論じられるようになっている気がしています。それは、経験に裏打ちされていない空論が、なぜかは分かりませんが幅を利かせるようになってきたからかもしれませんし、また、他人と関わることで傷ついたり、逆に傷つけてしまうのではと不安になる人が多くなったからなのかもしれません。



そんな時代だからこそ、波瀾万丈の人生をもがきながら経験して、相手に対する強い気持ちを優しく投げかける事ができる、西原理恵子という作家がこれほどまでに受け入れられるのではないかと思ってきました。不透明な空気がただよう時代にこそ読みたい、「真っ当」で「正しい」ヒントが満載です。
by ANB27281 | 2012-10-09 06:52 | レビュー

名盤への敬意をこめて

e0254184_10155590.jpg






発売40周年(!)「リ・マシンド」がお勧め!






カバー・アルバムとか、トリビュート・アルバムと呼ばれる作品があります。過去の名作とか、非常な名声をすでに得ているアーティストの楽曲を、本人以外の音楽家が演奏し録音されたものです。




少し考えてみると、少なからずの「名曲」を収録するわけですから、ある程度聴き応えのある作品に仕上がりそうなものなのですが、まぁこれが往々にして退屈である。割合に有名な人が思いがけないようなカバーをしていると、ついつい「お!」と思ってしまうわけですが、やはり実際に聴いてみるとさほど心が動かされない事が多い。




これは一体どうしてだろうと考えてみるに、1つは当たり前と言えば当たり前だけど「オリジナルは超えられない」という理由がある。面白い物見たさに1回や2回聴くなら、レコードがすり減るほど聴いたであろう原曲を聴いた方が普通はよほど味わい深いでしょう。



それからもう1つは、すべてがそうでは無いと思うしそれ自体が悪いとも言えないのですが、どうしても企画そのものが“小銭欲しさ”みたいになってしまって、聴いていてなかなか感動が湧かないというのも、あるかもしれない。悪意は無いのでしょうが、それこそゼロから作品を築いたオリジナルに比べれば、どうしてもトーンダウンというのは否めないでしょう。





だから、今回伝説の名盤として知られるディープ・パープルの「マシーン・ヘッド」が、とても有名なアーティストたちにカバーされて1枚のアルバムになったと聞いても、さほど関心がありませんでした。あのメタリカが、「マシーン・ヘッド」のレコーディング時に録音されるも、結局アルバムには収録されずシングル「ネヴァー・ビフォア」のB面として日の目をみた曲として知られる「ウェン・ア・ブラインド・マン・クライズ」を演奏してると知り、まあ聴いてみるかと思った程度というのが偽らざる動機だったと告白します。






前置きが長くなったかもしれませんが、このアルバムはとても素晴らしいカバーアルバムです。





おそらくハード・ロックと呼ばれる音楽に、最もその後影響を与えたアルバムの1つである「マシーン・ヘッド」が1972年に発表されてから、今年は40年目の節目です。英国の音楽雑誌「クラシック・ロック」が企画したから、と一言で言い切ってしまうのは乱暴かもしれませんが、エグゼクティブ・プロデューサーを務めたドリュー・トンプソンとロビン・ハーリーも含め、参加アーティストのディープ・パープルに対する敬意が全編に溢れています。



先述もした、メタリカの演奏がおそらくハイライトだと思いますが、カルロス・サンタナ、ブラック・レーベル・ソサイエティ、チキン・フット、アイアン・メイデン・・・そうそうたる音楽家たちが、実に楽しそうに「マシーン・ヘッド」への惜しみないトリビュートを披露してくれました。時にオリジナルに忠実に、時に敢えて原曲をみごとに解体するかのようなアレンジの数々は、聴衆としてカバー曲を聴くときの醍醐味の1つだと思いました。



個人的に収穫だったのは、オーストラリアを拠点に活躍するボーカリストのジミー・バーンズと、若きブルース・ギター界の星ジョー・ボナマッサなどが演奏する「レイジー」です。まさしく黄金の第2期ディープ・パープルが現代に蘇ったかのような演奏が素晴らしく、とりわけオルガンを担当したアーラン・シーエルバウムが、敢えて故ジョン・ロードそっくりな奏法の中に個性を発揮していて、今アルバムの中でも白眉な曲に仕上がっています。



初回限定版には、ライブ演奏のほかメイキング映像が収録されているのですが、この中でチキン・フットのギタリスト、ジョー・サトリアーニが次のようなコメントを寄せています。



《それで(「マシーン・ヘッド」の)オリジナルを聴き直すと、その意外な繊細さに驚かされるんだ。そんなに音数も多くなく、リッチーも意外と弾いてない。入ってくる時も凄く繊細なんだ。イアンは軽いシャッフルを叩いているだけだし。でも、何故だか凄く大きいんだ》



ハードロックやヘヴィメタルの「教典」のように言われる事も多い、アルバム「マシーン・ヘッド」ですが、実際に改めて聞いてみると、ブルースを元にとてもデリケートな音作りをしているのに気づかされます。クラシックのフレーズを織り交ぜた演奏は、当時アートロックと呼ばれたこともあると聞いた事がありますが、狭いジャンルで語りきる事ができないからこそ、40年の時を経て世界中で愛されていると言って良いのかもしれません。長年オリジナルだけを聞いていると、自らの経験も重なって1つの先入観にも似た感情が芽生えるのかもしれませんが、そうした間違いをふき払って、新しい楽しみ方を教えてくれる。カバー・アルバムにはこうした可能性もあるのだよなと、ある種の理想のようなものを感じずにはおれません。



大変、味わい深い音楽作品です。
by ANB27281 | 2012-10-05 16:23 | レビュー

マカロニグラタン

2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」












e0254184_9122927.jpg




2012年10月4日号では、連載企画「子育てグルメ」の最新号その他をお届けしました。子供たちに、熱々のグラタンを「ふーふー」しながら食べてもらうと、本当に仕合わせな気持ちになりますよね。





《日本人にとって、ベシャメルソースを使って作るグラタンは、洋食というよりお好み焼きなどのいわゆる「粉もん」なのでは無いかと、僕はずっと仮説として主張してきた。だってさー、小麦粉使ったベシャメルソースと、おまけにパスタの一種であるマカロニも入れて、どうかすると下にご飯(!)まで敷いて「ドリア」とか言っちゃうわけですよね。お好み焼きをおかずにしてご飯を食べる、関西人も真っ青の粉もん料理。

本国フランスでは、近年クラシックなベシャメルソースは「重い」と敬遠される傾向にあると聞いた事があるが、海を渡って遠く離れたここ日本では、人気の衰えは知らないようだ。少し茹ですぎくらいにボイルしたマカロニをたっぷり入れたグラタンを、スプーンですくいながら、智香子が満面の笑顔で食べてくれる。「ちかこ、ぐらたんだいすき」という言葉を聞くと、ああやっぱりこの子も日本人なのだなと思うし、次回はどんなグラタンを作ろうかなと、僕はそんな事を考えるのだった。》
(有料メールマガジン「月刊スバル代行」2012年10月4日号より)






みなさんからの感想をお待ちしています。




購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-10-04 09:14 | 有料メルマガ

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです