e0254184_14444492.jpg















今米子市内でもっとも美味いラーメン店は、国道431沿いに小さいお店を構える「麺や」です。国道431沿いと言えば、ご存知「無双」という名店がありますので、正確に記すとどちらが美味しいのかはもう好みの問題としか書けないのですが、こういうのはほら。言い切ったほうが何か格好いいでしょう?








今米子市内でもっとも美味いラーメン店は、「麺や」である。














e0254184_14502129.jpg






麺やさんと言えば、レギュラーのラーメンとは別に期間限定の「イベント麺」というのをリリースされます。これがまたイチイチ美味い。スープを何種類も別々に引いたりするのは、プロでもかなりしんどい作業なのではと個人的には思わないでもありませんが、まぁ客の立場からしたら美味しければ何でも良いですよね(笑)。12月から、カレー南蛮と、写真の「鶏そば」が楽しめるようになりました。チャーシューもこっくりと炊き出したモモ肉。煮卵も鶏ですし、スープが非常に味わい深い鶏出汁を引いておられて、文字通り口中に鶏のうま味が広がるイメージです。「そうだ。鶏肉というのはこんなにおいしい肉だったのだよな」と、妙に納得した次第。





自慢の自家製麺との相性も申し分ありません。醤油味と塩味とが選択できますが、個人的には塩味に粗挽きの黒コショウをパラリとかけて、麺とモモ肉をいっしょに口に入れたいですね。”イベント麺”というにはあまりに惜しい。なんとかレギュラー化にならないものかしら。








ご家族経営の和やかな店内がホッとします。私は夜は行った事がないのですが、土曜の夜は中学生と小学校5年生のお子さんもスタッフとして手伝っておられるのだとか。そうした「手作り感」のお店づくりを、奧さんがブログで紹介されています。人柄が文章からにじみ出ていますし、新しい商品やレシピの様子などをお書きになっていらっしゃいます。厭味が感じられません。最近流行のキーワードを使えば、こうした情報の発信を通じてお店とお客とか「共感」しあっているのでしょう。







食事を済ませてレジの前に立つと、「『麺や』のヒミツ!!??」と題した小冊子がおかれていました。言うなれば”紙のブログ”とでも表現するのでしょうか。よくある質問やイベント麺、ご家族の様子などを不定期に発信していかれるのだそうです。ブログによると、近いうちにメール会員の仕組みも近々始められるのだとか。





「うちは美味いよ!」という、いわばLook at me!の広報スタイルはこれから紙上で嫌われていくという意見があります。facebookやTwitterといったインターネットツール、SNSが普及していくといたずらな広告はただ”ウザい”だけの存在でしかなくなるのかもしれません。麺やさんは、おそらく意識はされていないと思いますが(普通のおっちゃんとおばさんなので(笑))、1杯のラーメンができるまでの様子(手作り)や、家族や子供の様子を発信する事によって、地元に暮らす私たちに「共感」という名の「繋がり」をもたらせてくれました。極めて現代的なやり方で、極めて古典的とも言える「手作りで安心できる本当においしい食事」を作り出していると言えます。






まだ多くの方が気づいていませんが、非常にユニークかつおいしいお店が米子にできた訳です。推薦いたします。
by ANB27281 | 2011-12-13 15:41 | 地元のお店紹介

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです