ナポリを見てから死ね

今週のSDKきょうの料理教室のテーマは、「ナポリタン」でした。







スパゲティという麺料理も、今では本当においしいものがイタリアンレストランはもとより、ご家庭でも食べられるようになりました。ペスカトーレ・カルボナーラ・ペペロンチーノ・・・絶妙に乳化させたソースを、アルデンテに湯がいたセモリナ粉の麺で和えて食べる。たまりませんね。







しかし、私は今こそ和えて昭和テイストな「ナポリタン」とか、かつて「イタリアン」と呼ばれたケチャップ味のスパゲティを料理教室でやりたかった。





だって好きだから。すいません。







e0254184_14445286.jpg







横浜のホテル「ニューグランド」が発祥の地として知られる「ナポリタン・スパゲティ」。言うまでもありませんが、ナポリにナポリタンはありません(笑)。ケチャップを使って甘辛く仕上げるスパゲティは、しかし私たち日本人に本当にお馴染みの味です。玉ねぎ、にんじん、ピーマンといった、どこにでもある野菜をお好きなだけ炒めたら、野菜をフライパンの脇に寄せてケチャップを入れます。







ポイントは、ここでケチャップをしっかりと「焼く」こと。じゅ〜〜〜っと音がするほど焼くことで、保存料独特の臭みみたいなものが抜けるのと、焼くことでうま味を引き出す事ができます。これを順序をはしょって、例えばスパゲティを入れた後にケチャップを入れても絶対においしくなりません。1時間半とか料理教室をやったわけですが、覚えてもらい点はこの1点だけ。



だけ?(笑)









ケチャップを炒めたら、赤ワイン(あれば。無ければ日本酒とかでもいいです)とトマトピューレを入れ、適度に水分が抜けるまで同様に炒めたらソースは完成です。仕上げに塩とコショウで味を調えます。













e0254184_14452432.jpg








今回は一度に8人分のナポリタンを作ったので、別鍋でソースとスパゲティを和えました。ゆで上がった麺は、よくオリーブオイルでくっつかないように和えますが、ナポリタンなどはバターで和えたほうが美味いですね。バターのコクとトマトソースのうま味がたまりません。





若干、「えー、鉄板で炒めないの?」とか訳の分からぬことをおっしゃる方がいましたが(笑)、ソース焼きそばじゃあるまいしどこの喫茶店でもナポリタンを鉄板でわざわざ炒めているわけじゃないですよ。お客さんに提供する際、1人前の鉄板を熱々にして出すというプレゼンはよくありますが、それと調理は別ですからね。







e0254184_144691.jpg








鍋から、お好きな量を自分で取り分けていただきました。根菜がたくさん入ったスープも添えて。









e0254184_14463027.jpg








今回のデザートは、妻の作ったスイートポテト。今回もまるで自分で作ったかのような満面の笑みです(笑)。




e0254184_156513.jpg


みなさん楽しい時間をありがとうございました!










来週の料理教室は、1月30日(水)の10:30から。メニューは、当初の予定を変え、手作りがんもどきにしたいと思います。また、Facebookのイベントページに投稿しますので、ご確認ください。
by ANB27281 | 2013-01-26 14:47 | 料理教室

ナポリタン教室

e0254184_157261.jpg







明日1月24日のSDKきょうの料理教室のテーマは「ナポリタン」です!

野菜とお肉たっぷりのナポリタンと、しみじみ美味い野菜スープを覚えて帰ってください。


日時:1月24日 10:30〜13:00
会費:2,000円(月額をお納めの方は無料)
場所:スバル代行事務所2階

*特に必要なものはありません。お腹を空かせてきてください。





登録はFacebookのイベントページからどうぞ!





それでは明日お会いしましょう!
by ANB27281 | 2013-01-23 15:07 | 料理教室

きょうの料理教室

e0254184_3583525.jpg















昨日の料理教室では、「手作りカレー」を作りました。市販のスープやルーを使わず、しかしごくごく普通のご家庭にある食材を使って、安全でおいしいカレーライスを楽しく作ってしまおうという、ある意味贅沢な企画です。




制限時間45分。もう一度おさらいしておきますが、家庭料理は(基本)1時間以内においしい料理を作って「いただきます」ができる状態にしないといけません。




まずスープですが、何も挽肉や牛すね肉を何キロと、ブーケガルニほか香味野菜を使ってコンソメだとかブイヨンを引けという話はしません。くどいですが主婦にそんな時間は無いからです。かと言って、市販の(顆粒やキューブ状)のスープを使うわけでもありません。それは




1.家族に化学調味料をはじめ添加物を食べさせるのは抵抗があるという、安全面での不安があるだけでなく



2.鶏や豚、季節の野菜を使っても、スープが市販の場合仕上がりの味や風味が「市販のスープ味」になって面白くない、という一面の他に



3.自分で野菜をたっぷり使ったスープは、実は意外にスピーディでラクに作ってしまうことが可能




といったところを、実感してもらいたいという気持ちがあったからです。とりわけ、昨今食の安全面ばかりがクローズアップされ、「1」に対する意識が高いと感じますが、私の立ち位置としては「3」も天秤にかけて、バランスをかんがえなくてはいけません。“こだわり”を持つのは結構ですが、無添加なら何でも良いというわけでもないでしょう。(ある程度)簡単で、素直に美味いと感じられないとウソですよ。主婦をイデオロギーでやってはいけないのです。




家でスープを作るコツは、教室で詳しくご説明しました。一応おさらいしておきましょう。



1.野菜はどっさり、何でも入れる

もう、冷蔵庫にあるものを、基本なんでも入れてください。生姜やにんにくといった、香りの強い根菜も含めて。今回は「八百屋トマト」で大根が安かったので(くどい?(笑))、大根も使いました。基本旬を迎えている野菜は何を入れても美味いです。


2.ベーコンは、具材ではなく“出汁”の素

野菜といっしょに、料は多く無くて結構なのでベーコンもいっしょに使います。和の調理でかつおぶしを使う感覚で、ベーコンからスピーディに、おいしい出汁を引き出すのです。



鍋にオリーブオイルをたっぷり入れ火にかけたら、ベーコンやにんにく、生姜を炒め香りが出てきたら残りの野菜投入(*昨日は時間が無かったので全部ごっちゃにいれました。ま、適当ですよ(笑))。全体に油がまわったら、強めに塩をした後フタをして、焦げ付かない程度の火力で放置します。ルクルーゼなど、密閉性の強い鍋がオススメですが、もちろん安いステンレスの鍋とかでも問題ありません。


火にかけたまたフタをすることで、鍋の中はいわゆる蒸し煮の状態になります。フレンチの技法で言うところの「ブレゼ」。これがミソです。蒸すことで、野菜のうま味や甘みが、短時間でギュッとでます。






e0254184_4312333.jpg






ある程度蒸し上がって、野菜が柔らかくなったら水を入れて普通に煮ます。浮いたアクは1度取りますが、狂ったように何度も取る必要はありません。合い言葉は「アクもうま味の内」です。わかりましたか?これでスープは完成。







e0254184_433539.jpg







続いて、たまねぎを「飴色」になるまで炒めます。「飴色ってどんな色?」という素朴な疑問が私たちにはあるわけですが(笑)、ま、こんな色です。








e0254184_4362126.jpg





はっきり言ってしまえば、たまねぎ炒め終わった時点でカレーは7割完成なんです。カレーパウダーと小麦粉を入れ、しっかり炒めることで「粉っぽい」味になるのを防ぎながら、ルーを作り、お好みの肉類も炒め(今回は鶏肉を使いました)、それを上記のスープ(使った野菜をそのままカレーの具として使います)で伸ばしていきます。仕上げに塩を足して味を調えたら完成。







e0254184_4403976.jpg








開始からぴったり45分で、おいしいカレーライスのできあがり。










e0254184_4415053.jpg







今回参加いただいた方には、食後のデザートにアップルパイも焼きました。ここ、キュンとなるとこね。コーヒーを飲みながら、楽しい情報交換をしましょう。








e0254184_444548.jpg





次回の料理教室は1月24日です!おいしい!たのしい!スバル代行料理教室にこれからもご期待ください!




参加をご希望の方はこちらから。どうしてもFacebookを使いたくない方は、ブログのメッセージからお問合せください。
by ANB27281 | 2013-01-18 04:49 | 料理教室

e0254184_557769.jpg























来週の「SDKきょうの料理教室」のテーマは、カレーライスです。









家でカレーライスを作るとき、市販のルーを使っている方も多いと思います。というか「カレーというのは市販のルーを使って作るもの」と思っておられる方もいますよね。







実際、市販のルーは美味しいものが多いです。個人的には我らが南部町のグリコで作っている「2段熟カレー」が好き♡





とはいえ、自分でルーから作るカレーというのも美味いものです。しかも意外に簡単。「えー、イチからカレー作るなんてめちゃくちゃこだわりとかあって面倒でしょう?」とお思いの方に、小麦粉と基本のカレーパウダーを使った、日本人に合う「カレーライス」の作り方をおさらいしたいと思います。




無添加です。








**************************************************************************

日時:1月17日(木)10:30〜13:00(ごろ)
会費:2,000円(月額で支払い済の方は無料)
場所:有限会社スバル代行 事務所2階
持ち物:スプーン *エプロンなどは必要ありません
定員:12名

テイクアウトなど、小分けもいたします。容器をご持参ください。ざっくり1人前で400円です。

Facebookページもご確認ください

***************************************************************************






昨日Facebookにて告知したところ、かなり多数の方から参加希望をいただきました。あるいはすぐ満席になるかもしれませんので、翌18日にも開催することにします。今決めた。




どちらかご都合の良い方にご参加ください。それでは!
by ANB27281 | 2013-01-12 05:58 | 料理教室

料理教室スタート!

e0254184_17515645.jpg










事務所2階を利用した、料理教室がいよいよ昨日からスタートしました。原則として毎週1回開催。手の込んだものや見た目重視のものはできるだけ避け(というか講師にそのスキルがない)、普通においしい家庭料理を、45分〜60分程度で作りましょう。そして、それをみんなで食べながらおしゃべりや情報交換をしませんか?という内容です。








第一回目のテーマは「豚の生姜焼き」。さほど難しい料理ではなく、どこのご家庭でも子どもからお年寄りまで好きなおかずだと思いますが、「なんかパサパサして・・・」とか、「味が決まらない・・・」「次の日胃がもたれる・・・」とお悩みの方もいらっしゃいます。










e0254184_17522069.jpg









結論から申し上げると、ごくごく一般的なご家庭で、しかも和食をベースとしたおかずを作る際、やれ醤油を何ccだ、砂糖をさじ何杯だと目を細める必要はまったくありません。素材のおいしさを素直に味わっちゃおうというのが基本にありますし、また、醤油やみりん、酒といった調味料はそれ自体が完成したソースという一面があるので、後は「焼く」とか「煮る」に応じてある一定の割合で混ぜてやれば、どたなでもピタリと味が決まるのですよ。



またおいおい教室でもご説明しますが。基本は醤油:みりん:酒=1:1:1の割合で混ぜたものを使います。生姜焼きなら、そこにすり下ろした生姜の香りを加えるのです。




ただし、使う調味料にだけは“ちょっとしたこだわり”を持ってください。よく男性などが勘違いしますが、いたずらに高級な食材を使う必要はありません。そうではなくて、調味料にはある程度お金をかけてもらいたい。醤油は言うにおよびませんが、酒、それから本みりんはしっかりしたものを使う必要があります。





和食の、とりわけ家庭料理では、醤油とそれから糖質をあわせていわゆる「あまがらい」味に仕上げることが多いのですが、砂糖を使うとくどくなりがちです。そこで、もち米由来の糖類を天然酵母の力で引き出した甘いお酒=本みりんが重要となってきます。スーパーなどでは、砂糖やアミノ酸を添加した「みりん風調味料」というのが売られていますが、長い時間をかえて米が糖化することで生み出される、まろやかな甘さとコクに適うはずも無いのは、わざわざ説明するまでもありませんよね。身体のために良いというのもありますが、びっくりするほど簡単に味が決まるという意味でも、ぜひ上質のものをお選びください。ちなみに、私の教室では写真の「飛鳥山」というみりんを使っています。生徒の方からのご要望もあり、みんなで共同購入も開始しました。







e0254184_17525055.jpg







生徒のみなさんに手伝ってもらいつつ、ライブで調理を見てもらいます。








e0254184_17531162.jpg







ご飯も、せっかく生姜焼きだということで、遊び心で「生姜ご飯」にしてみました。刻んだ生姜を入れていっしょに炊くだけ。初めて食べるという方も多かったですが「もっと辛いかと思ったら、甘い!」と驚きの声が。生姜だって芋みたいなもんですからね。火を入れると良い香りと甘さがでます。新生姜が出始めたころなど、お奨めです。









e0254184_17533720.jpg







事前に作っておいた、ほうれん草のおひたしと、シャケの荒汁といっしょに。おいしかったでしょう?











e0254184_1754095.jpg









料理教室は、スバル代行事務所の、使っていない2階部分を少し手を入れた部屋で開催。今回は7名もの方(男性5名・女性2名)にお越しいただきましたが、お陰さまで大変好評でした。「夜、軽く飲みながらの料理教室もぜひ!」とリクエストをいただきましたので、無理のないスケジュールで可能な限り交流の場を設けたいと思います。







次回開催は1月17日。テーマは「市販のルーを使わないカレーライス」です。興味がお有りの方は、予約のうえ、お気軽に参加いただければ。





よろしくお願いいたします。
by ANB27281 | 2013-01-10 17:55 | 料理教室

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです