メールマガジン特典

e0254184_632758.jpg









有料メルマガの特典として毎月希望者全員にお送りしている「スバル代行1,000円利用券」を、先ほど郵送しました。今月は、私の新連載「子育てワンダーランド」が掲載されたフリーペーパー「ささら」もオマケとして同封しています。






有料メルマガ会員は随時募集中。購読はこちらからどうぞ!

こちらのURLから登録がすぐにできます↓
http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=593





私のショボい連載はさておき、「ささら」はすばらしい雑誌です。私のメルマガ読者は県外の方が多いので、1人でも多くの方に山陰の魅力をお伝えできれば。明日には届くと思いますのでお楽しみください。
by ANB27281 | 2013-05-05 06:32 | 有料メルマガ

「リスク」の食べ方

e0254184_5593568.jpg





2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」













《いずれにせよ、そうした軽度の「リスク」を考えつつ、美味しくて楽しい食事をしたらどうですか、というのが私の言いたいところなわけです。

当然、子供たちにジャンクフードを食べさせる事だってあって良いに決まっているのですよ。マクドナルドとかを食べさせると、血眼で文句言ってくるアホがいるでしょう?トランス脂肪酸を注射して殺してやろうと思いますよね。他所の子がみんなワイワイとマックやロッテリアを食べている横で、「うちの子はダメ!」などと言っては、精神の発達に(少量かもしれません。しかし確実に影を落とすでしょう)影響があると思われますから、さすがに毎日でなくても、ちょっと外出した時などに、楽しく食べさせてやればよろしい。

とどのつまり、バランス感覚なのです。》




今号では、岩田健太郎さんの新作「リスク」の食べ方、を紹介しつつ、今一度食の「安全」についてエキセントリックな議論ではなく、地に足の付いた考察をしてみたいと考えました。

よく知られているように、我が国ではほぼ一定して毎年5,000人以上が交通事故で尊い命を落としていて、30,000人以上の方が生きる希望を失って自殺に追い込まれていますよね。東京消防庁によると東京管内では5年間で601人、餅をのどに詰まらせた患者が救急搬送され、そのうち26人が亡くなっています。そのような文脈を鑑みると、年間5人、死者に至ってはゼロの被害しか出していなかった牛レバー由来の腸管出血性大腸感染症を、多いと認識し、究極的に生のレバー(レバ刺し)を食べる事そのものを禁じてしまうという思考は、果たして正しかったのでしょうか?


そんな事言い出したら、家にいる間もヘルメットでもして身を守る他ありませんよね?



その他、京都の旅で考えたこと、ラジオの様子など楽しく綴ってみました。ぜひ、感想をお寄せください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-12-02 06:03 | 有料メルマガ

2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」









e0254184_10462568.jpg





2012年11月26日号では、各種新聞やフリーペーパーに掲載された記事を改めて紹介しているほか、「褒める」技術について少し書かせてもらいました。なんでも持ち上げれば良いというわけではありませんが、相手が「そのことを言って欲しかった」と心から思っている事を、ズバリと見つけられる人は素晴らしいですし、「そんな事自分でも思った事なかった・・・嬉しい!」と言ってもらえると、仕事相手はもちろん男女間でもすこぶる良い関係が持てるはずです。





《それというのも、インターネットの世界はもちろん現実社会も見渡して、一人前の大人と言われる人でも、意外に「褒める」のがみなさん下手なのだなあと感じているからです。これは、逆を言いますと、自慢ではありませんが(はい、出ました。ここから自慢話)、私は人を「褒める」というのが歳の割にとても得意なのかしらという思いが、フツフツと出始めた。



「褒める技術」というと、コーチングの世界で重要視されているそうで(私はそういうものに関する知識はありません)、上司や監督、親などが部下や子供に行う「褒め方」が取り上げられる事が多いですが、しかし私はもっと日常の何気ないシーン、例えば飲み会の席や恋人同士で、もっと気軽でかつ上手に褒め合いたいと思っています。


褒めるといっても、ブログやFacebookでよく見られるように、大して美味そうでもねーだろといった料理に「おいしそう〜☆」などと、1ミリも思っていないような事を言うのではありません。私が問題にしたいのは


1.その作品や人物の業績だとか魅力のうち

2.他人はもちろん本人も実は気づいていない良いところを

3.ここぞというタイミングで

4.嫌味無くスマートに褒めてあげる技術です。



こうやって書くと大仰ですね(苦笑)。》
(月刊スバル代行 2012年11月26日号より)



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-11-27 10:39 | 有料メルマガ

2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」












e0254184_6111893.jpg


今回、作家川北義則さんのエッセー『大人の「男と女」のつきあい方』を参考にさせてもらいました





2012年10月11日号では、「サスティナブル(持続可能性)としての恋愛論」その他をお届けしました。Facebookその他で最近多く投稿していますが、私は結婚したからといって恋愛感情の高まりに終止符を打つべきではないと思っています。それは、配偶者に対してでも良いですし、そうでない相手だとしても何ら恥じる事は無いと確信しています。







《逆説的な話ですが、若いときより結婚した後の恋愛のほうが、ある意味純粋で繊細なのではないかと思ってきました。川北さんのお言葉を借りれば、大人である私たちは「いいお金といい知恵」というのを、普通持っています。ここで言う「いいお金」とは、何も金持ちとかという話ではなく、お金の値打ちが分かっているという事ですし、「いい知恵」というのは、相手の仕事や家庭を傷つけず、2人の感情を高め合う手法だとご理解ください。

よく、ヒマな主婦なんかが観るワイドショーや、三流ドラマなどで浮気相手の女が「奥さんと別れるって言ったでしょう!キーッ!」みたいなのがあるでしょう。最悪です(笑)。全然相手のこと考えてないよね。もっとも、軽々しくできない事を言ってしまう男も、等しく最悪ですが。

何も結婚してからの恋に限りません。若い人はどうしても自分のことばかり気になるものですし、「私が私が・・・」という気持ちが優先しちゃうのも分かります。若いというのはそういうものなのです。そこをグッと我慢して、相手の笑顔を引き出すにはどうしたら良いか考えるところに、男でも女でも恋愛の醍醐味(の1つ)がある気がします。

やっぱりね、恋をしている人間は男でも女でもキレイですよ。見たらすぐ分かる。そして、人は誰でも広い意味でキレイでなくてはいけません。》
(有料メールマガジン「月刊スバル代行」2012年10月11日号より)






みなさんからの感想をお待ちしています。




購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-10-12 06:17 | 有料メルマガ

マカロニグラタン

2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」












e0254184_9122927.jpg




2012年10月4日号では、連載企画「子育てグルメ」の最新号その他をお届けしました。子供たちに、熱々のグラタンを「ふーふー」しながら食べてもらうと、本当に仕合わせな気持ちになりますよね。





《日本人にとって、ベシャメルソースを使って作るグラタンは、洋食というよりお好み焼きなどのいわゆる「粉もん」なのでは無いかと、僕はずっと仮説として主張してきた。だってさー、小麦粉使ったベシャメルソースと、おまけにパスタの一種であるマカロニも入れて、どうかすると下にご飯(!)まで敷いて「ドリア」とか言っちゃうわけですよね。お好み焼きをおかずにしてご飯を食べる、関西人も真っ青の粉もん料理。

本国フランスでは、近年クラシックなベシャメルソースは「重い」と敬遠される傾向にあると聞いた事があるが、海を渡って遠く離れたここ日本では、人気の衰えは知らないようだ。少し茹ですぎくらいにボイルしたマカロニをたっぷり入れたグラタンを、スプーンですくいながら、智香子が満面の笑顔で食べてくれる。「ちかこ、ぐらたんだいすき」という言葉を聞くと、ああやっぱりこの子も日本人なのだなと思うし、次回はどんなグラタンを作ろうかなと、僕はそんな事を考えるのだった。》
(有料メールマガジン「月刊スバル代行」2012年10月4日号より)






みなさんからの感想をお待ちしています。




購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-10-04 09:14 | 有料メルマガ

夢売るふたり

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」










e0254184_18364397.jpg



2012年9月13日号では、先日Facebookにて投稿した映画「夢売るふたり」を引用しつつ、もう少し踏み込んだ内容を書いてみました。




《冗談はさておき、映画「夢売るふたり」は、1度観ただけではその全貌を掴みきれないと思います。それは、私が男だからなのかもしれませんし、もう少し歳を重ねるとまた違うのかもしれません。

いずれにせよ、「男と女」を考えるうえで、悲しいほど多くの示唆を含んだ映画であり、私達の世界というのは、とどのつまり「男と女」が、ああだこうだとやり合っている場だとしたら、避けては通れない作品では無いかと感じました。メルマガ読者のみなさんはお分かりだと思いますが、最近私は「人を愛するという事の本質」に、非常な関心を持っています。ここで「愛する」というのは、慈しみ、色欲、love、友愛、セックスなどが、時に明確に乖離し、時に渾然一体となった感情です。》
(有料メールマガジン「月刊スバル代行」2012年9月13日号より)




みなさんからの感想をお待ちしています。




購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-09-13 18:37 | 有料メルマガ

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」













《結論から申し上げると、こうしたジムに通ってエクササイズをしながら痩せようというのは、経験者の立場からお勧めしません。





確かに、長い目で見ると良質の食品を摂りつつ、正しいエクササイズを行うのは、美しい身体をキープする上で重要なのかもしれませんが、今すぐダイエットで結果を残したい方は止めておいた方がよろしい。効果の割に、無駄が多すぎるからです。



例えば、私もやっていたので分かるのだけど、フィットネスクラブで30分走ったとします。消費カロリーが計算されて表示されますよね。大体260〜280キロカロリーくらい消費されるのかな。


ですが、その程度のカロリーは、先述した「ラーメン&半チャーハン」の、半チャーハンを止めたらカットできるものです。30分のランと言っても、前後にストレッチをして、終わった後シャワーも浴びないといけませんし、時間にしたら小1時間くらいかかるでしょう?運動で熱量を消費しようとするのは、ある意味金持ちの道楽みたいな部分がある。




もちろん身体を動かす事が大切なのは言うまでもありません。ただ、高いお金を払ってジムに通って、辛いトレーニングに萎えてしまうより、いつもの生活でもっと身体を動かしましょう。例えば、歩いて行ける場所に惰性で車で行っているかもしれません。時間に追われていなければ、極力歩きます。また、階段や床、風呂などをエクササイズ代わりに掃除をしてみましょう。結構汗がでるだけでなく、家族にも喜ばれます。言うまでもありませんが、こうした活動には「会費」も発生しません。》
(有料メールマガジン「月刊スバル代行」2012年9月6日号より)








Facebookではすでに紹介した本かもしれませんが、今回のメールマガジン参考物件も記しておきます。





e0254184_21395232.jpg


50歳を超えても30代に見える生き方




e0254184_21434643.jpg


運動しないでカンタンに痩せる 白澤式「ケトン体」アンチエイジング


e0254184_21464865.jpg


43才でもなぜ武田久美子でいられるのか











購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-09-06 21:49 | 有料メルマガ

絶対お勧めショーツ

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」












2012年8月30日号では、「買い物中毒者の告白〜絶対お勧めショーツ」と題して、男性用下着について書いてみました。笑ってお読みいただければ幸いです。









e0254184_15551623.jpg






《以前もどこかで書いた事があるかもしれませんが、妻に下着やネクタイやシャツといった、日用身につける衣類の購入を丸投げしている男性は、まぁ何をやってもダメだというのが私の持論です。



例えば年に1度の誕生日に、洒落たセーターをプレゼントしてもらうとか、普段ネクタイを自分で買っている男性に「こういう柄も似合うと思うわ」と贈り物をするのは、もちろん大いにアリです。そうではなくて、ごくごく普段に使う衣服の購入をすべて配偶者に任せている男性が、あまりにも多いという事実に、私は目がくらくらとするのを禁じ得ません。


なぜなら、こうした普段身につけるものを、例えば朝忙しい時にサッと考える愉しみこそ、男のおしゃれの基本であるにもかかわらず(今日は取引先の人と会う約束があるのでレジメンタルのネクタイにしておこうとか、仕事の後に女性と会食することになってるので明るいドット柄にしておこうとか)、肝心の購入を配偶者に任せてしまっては、どうしようも無いからです。》
(有料メールマガジン「月刊スバル代行」2012年8月30日号より)







購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-08-30 15:58 | 有料メルマガ

豚バラと大根の炊いたん

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2年前から有料のメールマガジンを配信しています。


それまでほぼ毎日ブログを更新していて、多くの読者のみなさんに支えられていましたが、ブログだけでは書けない、もう少しパーソナルな内容や、深く考えたコンテンツを有料で配信したいと思うようになったのがきっかけです。


購読料は毎月1,000円。個人が配信する、純粋な読み物(商材を含まない)としてはかなり高額だと思います。購読いただいた方には、全員にスバル代行の運転代行利用券を1,000円分ご進呈。1人1人に、私の直筆メッセージを添えています。


こちらも、お陰さまで多くの読者の温かい応援でここまでやってくることができました。エキサイトブログでも、なるべくPRさせてください。



購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」










2012年8月25日増刊号では、1人の父親として、子育てと手作りの料理について綴っている連載「子育てグルメ」の第4回目を配信しました。











e0254184_14541599.jpg


《醤油の魔力を知ったのは、結婚してからかもしれない。自分で料理をするようになってからは、薄口醤油の母への反動(?)のように、濃口醤油を使う。よく知られているように、濃口、薄口という言葉を使うが、実際に塩分濃度が高いのは薄口醤油だ。美味い濃口醤油には、漆黒の深い色の奥に発酵食品としてのうま味がふんだんに含まれていて、それそのものが1つの完成したソースだ。肉や魚の臭みを消し、素材のうま味を引き出してくれる。



和食は醤油、だし(酒)、みりんを用いた調理法が確立していて、例えば照り焼きなら醤油:酒:みりん=1:1:1、煮物なら醤油:みりん:だし=1:1:8で、味がピタリと決まる。妻など、私が作る肉じゃがを食べては、「いつも味がピタッと決まっていて凄い」と褒めてくれるが、実態としては下処理した材料に割合通り調合した調味料で煮るだけである。》
(有料メールマガジン「月刊スバル代行」2012年8月25日増刊号より)





そのほか、「ネット社会でのトラブルとの正しい付きあい方〜ちょっと嬉しかった話」という記事も掲載しました。興味をお持ちの方はぜひお読みください。









購読はこちらをクリックください↓

3回に1度はおもしろい。月刊なのにほぼ毎週配信!?有料メールマガジン「月刊スバル代行」




1話単位で決算可能な携帯版メルマガもご用意しています↓

「携帯版月刊スバル代行」
by ANB27281 | 2012-08-26 14:57 | 有料メルマガ

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです