e0254184_7575813.jpg









昨日は日帰りで大阪へ。




以前は、好きな時間に出かけて、帰りも好きな時間に出発したり休んだりできる、マイカーでの移動が主でしたが、最近はすっかり高速バス派。バスはいいですよ。何しろ自分で運転しないのがいい(当たり前)。移動中に寝たりもできますし、帰ったとき“長旅で疲れた”という感覚が薄いのもいいですね。自家用車だと、くたくたである。





20時米子駅着の便で帰ってきたら、東町まで歩いて「ラ・リーベラ」へ。前菜は、カジキマグロを香草の香りといっしょにパン粉でこんがり焼いたカツレツにしました。








e0254184_7581379.jpg








シェフの永見さんは、大阪の名店「ピアノピアーノ」をはじめ、イタリアのお店などでの修行も経て米子へ。あまり素材をいじくりまわしたりせず、素材の味をオイルやチーズを用いて引き出すのが得意な方です。野菜もしびれる美味さ。お店の内装もとてもデザインがいいのですが、おっさん1人でもふらっとカウンターに座れる気安さもあります。セコンド・ピアットは、若鶏と里芋のグリル。ほくほくに焼かれた里芋とジューシーな鶏肉でワインが進みます。仕事や家庭の話題など。










e0254184_7582598.jpg









ほんとならプリモ・ピアットで頼むんでしょうが、おっさんは〆に麺が食べたいのである。自家製サルシッチャとリコッタチーズのソースが美味いクリーム・パスタ。ショート・パスタやニョッキといった、いろいろなパスタを食べさせてくれるのが、リーベラの魅力の1つなのですが、どうしてもスパゲティが食べたくてお願いしてしまいました。







派手な演出や、高額で希少な食材があるお店ではありませんが、日本海の魚介や大山の鶏、南部町の豚を中心に「今、一番美味いものを一番美味いやり方で」食べさせてくれる、お薦めのお店です。









トラットリア ラ・リーベラ

鳥取県米子市東町119-2
電話:0859-34-9237
昼:11:30〜15:00
夜:18:00〜23:00
(水曜が定休日です)
by ANB27281 | 2015-09-11 08:00 | 地元のお店紹介

みーつけた!

e0254184_14454827.jpg





新開通りの、サニーテニスの近く。ローソンの向かいに新しくできた「ユリイカ」さんに行ってきました。








e0254184_14461449.jpg








スリランカや、スペイン、メキシコといったエスニックな料理を、ほどよくスパイシーで食べやすく調理してくださります。写真は(たぶん)定番の「ユリイカ カレー ランチ」。鶏肉の深いコクと、さほど辛くない爽やかなスパイスが後を引くおいしさ。これで700円(!)はお得です。









e0254184_1447776.jpg






せっかくなので友人がオーダーしたものもご紹介。トルティーヤに具材を詰めて、さっぱりしたソースで仕上げる「エンチラーダ」ランチ。個人的には次回はこれをチョイスしてみたいです。







e0254184_14473680.jpg







今日の日替わりランチは、タイ風のチキンライスでした。これまた美味そう。ま、どれも美味そうなんえすが(笑)。








ブログで紹介するわりには、いささか情報がまだ少ないのをお許しください。関東の方からIターンで山陰にやってきたカップルが、海辺で営むホッとするスポットが完成したといった雰囲気。夜はお酒に合う料理もお出ししているみたいなので、また改めて足を運んでみたいですね。










e0254184_14475948.jpg







以前「スパチュラ」というオシャレなお店があった場所といえば”ああ”とお分かりの方も多いと思います。おいしいよ。
by ANB27281 | 2013-07-12 14:48 | 地元のお店紹介

e0254184_1251388.jpg






「麺や」の1番の魅力は、麺です。小麦のいい香りがする自家製麺が本当に美味い。「あー、そういえばそうだよな。ラーメンって麺料理だよな」というのを実感させてくれるほど麺が美味いです。





米原に暮らす私にとって、国道431まで出て皆生方面まで昼飯を食いに行くのは意外に機会が少ないのだけど(出不精)、6月から始まったという「冷やしトマトチリヌードル」を食べてきましたよ。




特性トマトソースを、オイリーなツナや水菜といっしょに混ぜながら麺を食べると、口中に涼しい香りとうま味がいっぱいに広がります。「チリ」ソースがどれほど辛いのかと思いましたが、あまり辛さは強調してなく後味からじわっとチリのホットな刺激が追いかけてくるといったところでしょうか。いずれにしても、昨年に引き続き登場した、ガーリック風味のチキンソテーが乗った「太陽の恵み麺」と併せて、この梅雨〜夏の時期を美味しく乗り越える料理の出番となりました。



前も書いたことがありますが、「麺や」さんは新作や期間限定のメニューを考えるのが本当に上手ですね。いっつも新しいメニューを開発していて、しかも形になったものはどれも美味い。今日もカウンターで食べていたら、真夏から考えている新しい味のラーメンについてこっそり教えてくださいました。これはまた行かねば。






e0254184_12512859.jpg







麺屋なのに餃子も美味いとはこれいかに?今なら手作り餃子が割引になっています。豚肉と野菜のうま味がしっかりと感じられるマストのサイドメニュー。すっかり満足です。午後も仕事をがんばります!
by ANB27281 | 2013-06-17 12:51 | 地元のお店紹介

韃靼(だったん)蕎麦

e0254184_1328473.jpg









ここ最近、近所の「小だに」さんへ蕎麦を食べによく行きます。小麦をつなぎに使わない、そば粉100%のいわゆる「十割蕎麦」のお店なのだけど、更科や石臼蕎麦と並んで写真の韃靼蕎麦がこれまた美味い。







よく知られているように、韃靼蕎麦といえば中国北西部からモンゴル地方にかけて暮らす「韃靼人」と呼ばれる人たちが栽培して食べている蕎麦・・・でも具体的なことはあまりしりません(苦笑)。やや緑がかった濃い色の蕎麦で、独特の苦みがあるのですがこれがまたクセになる味なんです。









e0254184_13291044.jpg







プラス150円で小エビと野菜のかき揚げがついてきます。がっつり食べたい男性は小丼も。血液がサラサラになるそうな、野趣あふれる蕎麦が楽しめますよ。
by ANB27281 | 2013-06-14 13:29 | 地元のお店紹介

Restaurant ragout

e0254184_712388.jpg










少し考え事がしたかったので、一人でドライブがてら松江まで行ってきました。江島から見える中海や大山の景色が本当に本当にきれいです。米子市内から見えるそれとは、また違った一面をのぞかせてくれました。







松江の目的は、西津田にある「Restaurant ragout」で昼食をとることです。米子の友人の間でとても評判がいいのと、オーナーがFacebookページでお店の日常を丁寧に発信されていて、前々から気になっていました。




キャンペーンや飲み放題のPRばっかりでなく、使われている食材やお客さまとのスナップをウェブで丁寧に発信するお店は、実はまだ多くありません。私はFacebook万能主義ではありませんし、ブログやTwitterといった他のツールを使っておられる方もたくさんいらっしゃると思いますが、個人的にユニークだなあと注目していました。お店は、行ったことがある方ならご存知だと思いますが、閑静な住宅街を入ったところで、ナビのいう通りに向かっても「大丈夫かいな?」と不安になる(笑)ところにあります。というか、着いてもまだ「ここ?」と思うほどひっそりとしている。










e0254184_712593.jpg







お店にはいると、落ち着いた佇まいの中にもオレンジを基調とした暖色の明るい内装が気持ち良いです。同じオレンジのルクルーゼのココットがテーブルに可愛く置かれていたりして、こういうのは見ていて楽しくなりますよね。







e0254184_713171.jpg








境港や宍道湖などの海の幸、大山の肉類や安来で採れる野菜やくだもの・・・食材のほぼすべてが山陰で手に入るものだそうです。前菜でいただいた境港産のマグロが美味しかった。野菜も味わいがぼやけていませんし、個人的には獣臭さであまり好きではない、パテ・ド・カンパーニュが味わい深く感動。食材の鮮度はもちろんですが、お仕事の1つ1つが素晴らしいのだと思います。







e0254184_713461.jpg







見た目普通のおっちゃん(笑)風のシェフからは想像するのも難しい彩りある盛りつけも特筆しておいていいと思います。坊主が1人で行くにはもったいない。妙齢の女性でも同伴したいと思いました(涙)。知的で美しいマダムが、短く的確に料理の説明をしてくださいます。









e0254184_714783.jpg







ティラミス風のデザートに使われているイチゴやサクランボももちろん地元産。食の安全や、いわゆる"地元愛”みたいなところを拠り所に地域の食材を使うお店がありますが、えてしてそれは思い入れ過剰な自己満足に終わりかねません。そこで終わるのではなく、松江や米子でとれる本当においしく今まさに旬な食材だけをチョイスして、おまけにそれをお客に押しつけるのではなく、あくまでカジュアルにさりげなく提供してくださるというのが、すばらしいですよね。






何しろ初訪問でしたし、もともと他にお客さまもいるのに店内の様子をブロガー気取りでパシャパシャ撮影するのが好きではありません。紹介記事としては不十分かもしれませんが、少しでもお店の良さをお伝えできれば。お店の美しさと働く人の人柄、食材のすばらしさとそれを食べる人が、「ラグー」という1つの大きなココットの中でおいしく煮込まれている感覚が味わえます。






お勧めです。
by ANB27281 | 2013-06-13 07:14 | 地元のお店紹介

そば。

e0254184_12241066.jpg











私たち山陰人にはお馴染みの出雲そばは、そば粉を惹くときそばの実ごと惹くのが特徴なので、麺の色が他の地域のそれと比べて黒っぽい。香りも当然強く、美味しいですよね。





大阪や京都の文化が大好きで、できればリタイヤ後は関西で暮らしたいくらいに思っている私ですが、あそこはうどんにばかり愛情を注ぎすぎなのか蕎麦がピンとこない。先日も三条大橋からぶらりと南座まで下がって、そうだ「松葉」でたまには蕎麦でも食うかと入ったまではよかったけれど、つなぎの小麦が強いからなのか、うどんを食べているのか蕎麦を食べているのかよくわからなくなった。








e0254184_12243183.jpg







出雲そばのお店ならどこにでもあるわけではありませんが、温かいそばはもちろん、割合冷たいそばにも平気で生卵を合わせたりもしますよね。そば通ではないのでよく分かりませんが、山陰のそばはつゆがちょっと甘い気がします。甘辛い醤油には生卵が合う。すき焼きと同じ理屈でしょうか。







e0254184_12245274.jpg








久しぶりに、彦名の「昌庵(しょうあん)」へ行ってきました。ここは定食を頼むとサザエの炊き込みご飯が出てきます。鶏肉を使った五目ご飯ってよくあるけど、サザエはそうそう出せません。蓋を開けると磯の香りが広がり、おまけに「おこげ」まで入っていたりして、とにかく得した気分になれます。






お勧めです。
by ANB27281 | 2013-06-06 12:25 | 地元のお店紹介

冷やし担々麺

今日は、お世話になっているカーオーディオ店「Wave 2 Port」さんのイベント「2013西日本アルティメット山陰」に朝から参加してきました。会場は境港のPlant5の駐車場。






カーオーディオショップと、ユーザーとで集まり取り付けたシステムの音色を競い合うことで技術や能力を高め合おうというものです。もっとも、音好きの仲間が集まるとそれだけで面白いんですけどね。







イベントの様子はWave 2 Portさんのウェブサイトなどでご確認ください。やはり、他の車両のシステムを自分の耳で聴くのは刺激になります。










お昼休憩に、ちょうど友人が遊びにきてくれたので、足を延ばして「花れん」さんへ行ってきました。今なら冷やし担々麺を食べずして何を食べろというのでしょうか。








e0254184_18133467.jpg









うまっ。






担々麺って、作るお店の好みでしょうけど、ごまとアーモンドのバランスが難しくて、すごく濃厚かと思えば妙にあっさりしていたり、辛さがきつすぎたり物足りなかったりする事が多いのですが、スープの濃さといい強すぎない辛みといい、妙に相性が良かったです。しのわんさんと相性ぴったりというのもさほど嬉しくありませんが(笑)。





境港の方はもちろん、これは米子からも行く価値十分です!ありがとう「花れん」、ありがとう冷やし担々麺!











e0254184_1814356.jpg








ちなみに、イベントでは参加者全員が投票する「ピープルズチョイス」でみごと賞を獲得。まあ、本気を出せばこんなもんです。本気出したのはWave 2 Portさんだけど(笑)。
by ANB27281 | 2013-06-02 18:14 | 地元のお店紹介

ホテル サンルートにて

e0254184_1255972.jpg
















カミさんとお義母さんと3人で昼食をとってきました。義母さんもいる手前意地でも私のおごりです。









もっとも、昨日の株価の暴落を受け、今日は絶対反対に株価が上がると思いましたので、久々にデイトレードで小遣いをゲットしたのですね。利益を地元に還元しました。威張るほど儲けてませんが(笑)。





株価といえば、昨日は本当にびっくりするくらい下がって、今朝の新聞でも「ミニバブル崩壊か」とか、すぐに人を恫喝するような報道がされますよね。いい加減にしてください。鬼の首をとったように「株の売買で儲けようと思うのは悪い人がやること」という、小学生みたいな主張をする人がちらほら出てくると思いますが、経済を健全に回そうと投資をやっている人は鼻で笑うしかない話ですね。









e0254184_12553316.jpg








なんか、女房とランチをとったりするとすぐに「ラブラブですね」とか言ってくる人がいますが、今イチぴんときません。昼飯食ったら欲情とかするのかな?家で仕事をしているので、お互い時間が合えば一緒に食うだけの話なのですよ。子育ての話でお互いの意見を確認しあうので、まるでパワーランチみたいな真剣な話ばっかりです。今度は好きな女と、しっぽり愛を語り合いに来たいと思いました。






最後になりましたが、サンルートのレストランは和食もフレンチも美味しいね。今さらながらお勧めです。






おしまい。
by ANB27281 | 2013-05-24 12:56 | 地元のお店紹介

うどんの薬味は?

e0254184_12565229.jpg



















今、米子で最も美味いうどん屋さんと言えば「京武うどん」です。





やっぱ人気は「鳥天うどん」ですかね。圧倒的なボリューム。ボリュームは圧倒的ですが、出汁良し、麺のコシ良し、喉ごし良しでおいしいです。お勧めします。(ちなみに単品で鳥の天ぷらを頼んで醤油をかけて食うのも好き)







e0254184_12584697.jpg







うどんの薬味といえば、やはり「しょうが」ですよね?出汁に溶いて飲むと最高です。











e0254184_1259658.jpg









最高ついでに、冷たい「醤油うどん」というのも勢いで食べてみました。飲んだ勢いです。







e0254184_12592191.jpg







今度はわさびで。テーブルに置いてある醤油をサッとかけてすすると、小麦の良い香りと温かいうどんでは楽しみにくい喉ごしが実感できてこれまた最高。







同世代だからという理由もあるかもしれませんが、若いご夫婦がアットホームなお店作りをされていてイチイチ共感しちゃいますね。米子には古くからある美味しいうどん屋さんがいくつかありますが、良い意味で若い力を注ぎ入れて活性化してもらいたいと思います。ごちそうさまでした。
by ANB27281 | 2013-05-23 12:58 | 地元のお店紹介

グルメブログを越えて

e0254184_14384883.jpg










年上の友達に誘われて、米子洋食界の老舗中の老舗「フーケ」に行ってきたところです。男性2人と妙齢の女性2人で久しぶりに盛り上がったね。重たくない程度の仕事や海外旅行やちょっと恋(?)の話などができました。もろリア充ブログですいません(笑)。










e0254184_14394092.jpg










e0254184_1440769.jpg








ブログを比較的長い間書いているのもあってか、たまに私のことをもの凄く食にうるさい美食家(グルメ)だと思っている人がいます。大きな間違いなのでやめてくださいね。ただの大食いのおっさんです。それはさておき、非常に古典的な技法を用いたランチはスープやサラダのドレッシング1つとっても新鮮でしたね。古ければ良いというわけではないでしょうが、使い古されたスプーンや椅子、そこかしこに置かれた小物をとっても、昨日今日オープンしたお店ではこうはいかないでしょう。「風格」というのとはまた違う、街に根ざしてずーっと静かに丁寧に味を伝えてきたお店にしかない、親しみある歴史のようなものを感じずにはおられません。







e0254184_14402835.jpg





「こんなお店があったなんて」とは、某有名ブロガー女性の言葉。恥ずかしいお話をすると、私もいろんな人から勧められ、また子供のころから存在は知っていましたが実は今日初めて行ったのですよ(照)。ブログでグルメレポートをする人が増え、もちろんそれはそれで書いても読んでも楽しいものだと思うのだけど、良くも悪くも我々は素人です。じげ風呂のような、コミュニティ性が髙いブログポータルの中だけにいると、例えばこういう、ネットにはあまり上がってこないけど実はものすごく有名なお店というのが、全部とは言いませんがたまに外れてしまいますよね。今後気をつけたいと思いました。
by ANB27281 | 2013-05-16 14:40 | 地元のお店紹介

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです