森でまなぶ

e0254184_09220169.jpg








e0254184_18195447.jpeg






息子2人をつれて、日南町菅沢にある“体験型農家民宿”「かつみや」にいってきました。
小学校がおわったあとにあずけている、学童施設主催のイベントです。娘は、幼稚園の同窓会(!)があるとかで、そちらは妻にまかせました。






e0254184_18183786.jpeg



e0254184_18192560.jpeg




まず、いくらでもある木を好きにつかって工作です。そういえば、家でもノコギリってつかわなくなりましたね。








e0254184_18203185.jpeg

e0254184_18201164.jpeg









2人とも芸術的センスがまったくありません(苦笑)。思わぬところで夏休みの宿題も消化できたなと、打算的な考えをいだく父です。








e0254184_18204719.jpeg



e0254184_18205933.jpeg




                                                                             

工作には基本的に興味がない次男は、気がついたら水の中のいきものを探しにいってました。






e0254184_18214262.jpeg









かまどでご飯をたくのは初体験。





e0254184_18215572.jpeg






おこげがうまいのですよ。





e0254184_18221512.jpeg


e0254184_18224720.jpeg







かまどでたいたご飯は、参加した子供のお母さんを中心におにぎりにしてもらい、それとは別にそうめん流しのイベントもありました。そうめん流しって、実はほとんど参加したことがありません。冷たくて楽しくておいしいね。長男が、ここぞとばかりに自分でそうめんを流してはたべ、ながしてはたべを繰り返します(笑)。プチトマトと、それからブドウも流れてきました。洒落ています。





e0254184_18223350.jpeg







このプチトマトが、甘くてとてもおいしかったです。女性陣がポテトサラダもつくってくれました。





e0254184_18230476.jpeg







一番下降(?)にたまったそうめんを、のんびりたべる次男。上の子と性格も習性もぜんぜん違うのでみてておもしろいですね。





e0254184_18262062.jpg







薬味もたっぷり。





e0254184_18272606.jpg
e0254184_18270556.jpg







食後はゆっくり休憩をとりつつ、裏山にある川をのぼって、瀧まであそびにいきました。プログラムには「川遊び」くらいしかかいてなかったように記憶していて、日南の清流がながれる小川みたいなところで水遊びするくらいだろうと高をくくっていたのですが、ゴツゴツした岩がたくさんあり、足元の苔に注意しながら歩を進んでいかないといけなかったり、気をつけておかないと子供の胸の高さまで水量が豊かにあったりで、みんなけっこう真剣になりますね。






e0254184_18232793.jpeg







施設を管理、運営される宮本さんの、あたたかくてわかりやすいサポートや解説のお陰で、子供も親も大満足の1日になりました。16時すぎまでのイベントでしたが、ほんとあっという間というのが正直な感想です。夏もいいですし、冬は多くの雪がつもるエリアにあって、雪を活用したイベントもたくさんあるとのことなので、今度はプライベートでもお世話になりたいスポットです。





e0254184_18234234.jpeg







車に乗ったら、5分で落ちてました。夢中だったもんね。夏休みも、もうすぐ終りです。
by ANB27281 | 2016-08-21 10:15 | 恐るべき子供たち

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです