僕らが旅にでる理由2014

e0254184_1719444.jpg








昨年は行けなかった四万十川下りツアーに、1年生になった京史朗と、それから気がつけば3年生になった凜太朗の3人で出かけてきました。写真は四万十川の数ある水域でも最も美しい川と言われる「黒尊川」。はじめて連れていってもらいましたが、こんな澄んだ川が日本にあるのだと、言葉を失いました。




2年前と比べて、子育てに対する基本的な考えは変わっていませんし、私のアウトドアのスキルに至ってはまったく成長していません。今回も、ランバージャックス加古川の岡本くんに全面的に教えてもらいながら、しかも難しいところはほとんど丸投げで面白いところだけ経験させてもらうという、“ダメな素人”の典型みたいな旅行になったということを、正直に告白させてもらいます。





e0254184_17461188.jpg





準備をして




e0254184_181475.jpg










e0254184_18152597.jpg







途中サービスエリアで休憩したり遊んだり。京史朗は初めて見る瀬戸内海。日本海とまた感じが違うのが伝わったかな?






e0254184_18163713.jpg







e0254184_18165990.jpg







朝米子を出発して、夕方5時ごろ目的地の口屋内(くちやない)の河原に到着。いわゆるオートキャンプ場にある、炊事をしたりシャワーを浴びたりといった施設があるところではありません。ただの河原(笑)。



お父さんがテントを張っている隙?に、さっそく現地のフィールドワーク開始です。明日にすればいいのに・・・。




この時期の四万十川は、川魚の稚魚が、ちょうど小さめのメダカくらいのサイズであちこち泳ぎまくっています。「おとうさん、水が透き通っていて、手で魚が捕まえられそうだよ!川の底にザリガニもいっぱいおる!!!」




きょうちゃん、それ川エビね。






e0254184_1822026.jpg





e0254184_18223695.jpg








夜は備長炭で肉や野菜を焼いたり、たき火を囲んで大人達は静かに語らい、子供たちは無駄に火遊びに興じます。









e0254184_1824077.jpg








京史朗は、凜太朗より自然への好奇心がとても強いので、初日はとくに興奮していたのでしょう。ご飯もろくに食べず、テントですやすやと眠ってしまいました。いよいよ明日はカヌーに乗って四万十川で川下りという名の水遊びです。
by ANB27281 | 2014-05-26 18:26 | 恐るべき子供たち

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです