カレー肉じゃが

e0254184_15261374.jpg







新じゃがや新たまねぎ、菜の花を使った春いっぱいの肉じゃがに、カレー粉でアクセントを加えてみました。醤油の甘辛い味と、カレー粉の辛さはとても合うので、いつもの和食に使ってみると思わぬ発見があるかもしれません。






【材料】(作りやすい量)

・新じゃが 中5個
・新たまねぎ 大1個
・人参 1本
・肉 300グラム(牛でも豚でも家にあるものを適当に。バラ肉が脂があって美味い)
・菜の花 1束
・カレー粉 適量

・醤油:本みりん:日本酒=60cc:60cc:60cc(1:1:1の割合)





【準備】


1.新じゃがと人参は、皮を付けたまま水で洗い、汚れをとって少し大ぶりにカットする。

2.新たまねぎと肉も、食べやすい大きさにカットする。

3.菜の花はつぼみと茎の部分に分けて、茎の部分は縦にカットする。まあ面倒なら適当でよい。塩をした熱湯で1分少々ボイルし、冷水にさらして色止めしておく。



【作り方】



1.密閉性の高い、フタができる鍋にごま油を注ぎ熱する。鍋が熱くなったら肉を入れ、色が分かるまで手早く炒める。

2.新たまねぎを入れ、しんなりするまで炒める。すぐしんなりする。

3.新じゃがと人参を入れ、炒めながら全体をまぜる。イメージとしては鍋の油(脂)でじゃがいもと人参をコーティングする感じ。この時、コショウを入れる勢いでカレー粉を全体に振りかける。「え?」ってくらいたくさん入れても普通に美味い。

4.鍋にフタをして、中火に3分ほど放置。鍋の間から逃げ場を失った水蒸気が勢いよく吹き出てくるが、慌てない。軽く蒸し煮(ブレゼ)する。

5.フタを開けると、材料から出た水分で汁が増えている。ここであらかじめ合わせておいた調味料を入れ、全体をざっくりまぜて、またフタをしてブレゼする。

6.基本、放置プレー。ムダにまぜるとじゃがいもが崩れたりしてロクなことにならない。ただ、出汁などを入れていないため全体の煮汁が少ない。上のほうの材料に火が入りにくいので、たまにフタを開けてざっくり混ぜてやる。このあたり分かりやすく書きにくいので、適当にやってみてください。ま、なんとかなります。

7.ブレゼをしているので、水蒸気の力で15分もしたら煮汁が無くても野菜が柔らかく煮えています。煮詰まりつつある調味料を絡めながら、ほどほど照りが出てきたところで完成。菜の花を和えて、うつわに盛って完成。
by ANB27281 | 2014-03-16 15:58 | 料理教室

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです