手作りがんもどき教室

e0254184_702686.jpg











昨日の料理教室のテーマは「手作りのがんもどきを楽しむ」でした。




手作り料理と一口に言ってもさまざまで、最近流行のズボラ料理のような、パパッと作って素直に美味いレシピもあるでしょうし、時間をじっくりかけて作る、プロ顔負けのような料理もあるでしょう。



がんもどきは、「買って食べるもの」だとか「すごく手が掛かるのでは?」と思っておられる方が多いわりに、その実拍子抜けするほど簡単(鶏の唐揚げと同程度)で、しかし市販のものより30倍は美味いという、非常におもしろいメニューだと前々から思っていて、ぜひ料理教室で取り上げたいと思っていました。







e0254184_763820.jpg






レシピを詳しく教えてください!という声がかなり多かったのですが・・・あんまり特に説明すること無いんだよね(笑)。重しをして水を切った木綿豆腐と、後はがんもどきに入れたい具材を用意します。今回は定番といっていい、ひじきやにんじん、三つ葉などを用意しました。






e0254184_785441.jpg






野菜の繊維質がたっぷり入っていると美味いです。ひじきとか、市販のがんもどきだと探さないと見つからないくらいしか入っていないでしょう?こんな鉄分豊富で身体に欠かすことができない海草も珍しいので「え?」ってくらい入れてくださいね。






e0254184_7104697.jpg







豆腐の他に、動物性のタンパク質も入っていると「ごちそう感」がアップします。今回はエビを入れました。白身魚のすり身なんかを混ぜても絶対美味いでしょうね。









e0254184_712482.jpg







フードプロセッサーでなめらかにした豆腐(水切り済)に、具材と片栗粉、卵白を入れて混ぜます。割合としては、豆腐一丁につき片栗粉が大さじ1、卵白2/1コ〜1コといった感じかな。







e0254184_7141722.jpg








e0254184_7143682.jpg








e0254184_714504.jpg







こんな感じ。








e0254184_7151253.jpg







後は、サラダ油でこんがり色が付くまで揚げたらできあがりです!教室でも少し説明しましたが、サラダ油に適当にごま油を混ぜると香りと味わいがグッとアップします。金持ちはごま油100%で揚げてもらってももちろんかまいません(笑)。





食べながら参加者とおしゃべりしたのだけど、ドライトマトやチーズを入れ、オリーブオイルで揚げたがんもどきというのも、ワインのつまみとして美味いかもしれませんね。夏場ならミョウガを入れるとか。ようするに、お好きな具材を豆腐で和えて、白和えみたいにしたものを油で揚げるイメージです。




お分かりだと思いますが、非常にバランスのとれたおかずと考えることもできますし、ビールのつまみから日本酒のお供に。子供のご飯のおかずとしても秀逸です。先にも記しましたが、ホントびっくりするほど簡単ですので、ぜひお試しください。
by ANB27281 | 2013-01-31 07:20 | 料理教室

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです