グーグーがんも!

e0254184_21504430.jpg












当初と予定を変えて、水曜のランチはみんなで「ひろうす」を作って食べましょう。



関西になじみが無い方に解説しておくと、「ひろうす」とは要するに「がんもどき」の事です。


ただ、市販の「がんもどき」しか食べた事が無い方は、おそらく大なり小なり衝撃を受けると思います。「今まで食べていた、スカスカのがんもは何だったのだろうか?」と。


よく知られているように、「ひろうす」=「がんもどき」とはもともと精進料理のメニューです。かなり無茶苦茶な言い方をするなら、豆腐を使って雁(がん)=鶏肉の味を再現しようということですよね。なのに、あんなスーパーで売っている、スカスカの油揚げが雁の味とか言われても笑うしかありません。


手作りのがんもどきってね、びっくりするほど美味しいですよ。しかも、簡単なんです(これ大事)。豆腐以外にも、ひじきや、にんじん、三つ葉やそれからエビ(!)も入れ、精進料理のそれともひと味違った、「新しい家庭料理の定番」をみなさんと考えたいと思っています。



日時:1月30日(水) 11:00〜13:00
場所:スバル代行事務所2階
会費:2,000円


揚げたてのがんもどきと炊きたてのご飯、その他何か一品と具だくさんの味噌汁を予定しています。自分で言うのもなんですが、ひろうすを自分で作れるとむちゃくちゃ評判が高まりますよ。ヘルシーでしかも美味しい、お手本みたいな料理教室です。






申し込みはこちらから。



宗教上の理由など、どうしてもFacebookの利用が困難な方はブログのメッセージ機能などを使ってお申し込みください。ただし、対応は遅れます。
by ANB27281 | 2013-01-27 21:52 | 料理教室

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです