S&B社員のとっておき赤缶カレー粉レシピ

e0254184_14353773.jpg







もっと毎日の食卓にスパイスを!「S&B社員のとっておき赤缶カレー粉レシピ」はこちらから。





ここ最近、食品メーカーや飲料関係の会社からユニークなレシピ本が出版されるようになりました。きっかけはベストセラーになった「体脂肪計タニタの社員食堂」あたりだと思いますが、従来の料理人やタレントといった個人では無く、それまで裏方だった「会社」や「商品」にスポットをあてるという手法はおもしろいですよね。カゴメ株式会社が出した「カゴメトマトジュースレシピ」とか、カルピス株式会社が出版した「カルピス社員のとっておきレシピ」とか。料理にカルピス?・・・おいしいです!



1950年に国内初のカレー粉として発売されて以来、プロの調理人から家庭まで愛されているS&B赤缶カレー粉。私も、家でカレーを作る際ベースのカレー粉として重宝しているだけでなく、魚や鶏肉をソテーなどする際、アクセントをつけるスパイスとして楽しく使っています。




カレー粉は、カレールウを作るためだけのスパイスではありません。胡椒などがそうであるように、和食から洋食まで幅広く使うべきです。




定番とでも言うべき、バターチキンカレーや牛すね肉赤ワイン煮込みカレーといった「カレー」レシピから、経験者の方ならご存知の「和食にカレー粉を使う」レシピなど、本格からB級まで簡単でおいしいレシピが目白押し。ところどころ挿入されるコラムも、読み応え十分な内容です。




家庭料理だと、「カレーは市販のルウを買ってきて作る」という方がまだ多いと思います。各メーカーからおいしく個性的な「ルウ」がたくさん市販されているのはみなさんご存知の通りです。それはそれとして便利に食べつつ、カレー粉を使ったカレー料理の世界に挑戦してみませんか。「香り」「辛味」「色づけ」の要素が、驚きの配合で入った「魔法の粉」で、毎日の食卓がグッと豊かになるのは、間違いありません。
by ANB27281 | 2012-09-12 15:30 | レビュー

鳥取県米子市で営業する、スバル代行社長の個人的なブログです